最近の話

「折り紙のお蕎麦」 #空脳

2014年08月18日 TBSラジオ「JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力」



ペンネーム ニョロ助さんが

それは、私が幼稚園生で、皆と遊んでた時の事

その日は、先生の指導で、ハサミを使って折り紙を細い短冊状に切り

決まった数の

決まった枚数の折り紙から、誰が紙のお蕎麦をたくさん作れるか、という遊びをしていた

えー 紙は細く切れば切るほど、えー どんどんかさが増して お

たくさんのお蕎麦が作れると

で、細く切ろうってがんばったけど、たいして器用じゃないから

えー 幅がどんどん太くなってしまって、たいして こう お蕎麦ができませんと

で、容器の中に溜まっていく私のお蕎麦は、他の園児のものに比べても

とても貧弱な出来栄えに見えた

で、もう少しで作業の時間が終わっちゃう

このままでは、私の貧弱なお蕎麦の事

お蕎麦の少なさを、皆に笑われてしまう

そう思った私は、こっそり隣の子のお蕎麦を取って、自分の容器に入れようとしました

その時です。それに気づいて怒った隣の子が、私の指をハサミで チョキっと切った

血が流れ出し、教室は騒然となり、私はすぐに病院に運ばれて手当を受けました

親が呼ばれ、一緒に、レントゲン写真を見せられた

でも、まあ これは、いつか傷も消えて、元通りになると聞いて、ほっとしたと

で、小学校に進みましたと

えー 中学校、高校、大学を出て、就職しても

その時の思い出は、何故か忘れられない

それは まあ 忘れらんないよね。ショックだからね

で、えーーっと

学校でも会社でも、自分はとても平和的な性格で

他人といざこざを起こすことは、まずありませんでした

それは、他人を怒らせて痛い目にあってしまったという

あの幼稚園の頃の出来事が、一つの原因なのかな?

と自己分析することもありました

で、さらに時が経って、30歳を過ぎて、しばらくした時の事

えー 実家に 帰った際に、母親に

俺って幼稚園の頃に、ひとのお蕎麦を取ろうとして、指切られたよね?

と、この話をしました

それに対して、母親の返事は予想外のもので

何言ってんの。あなたが隣の子の指を切ったんじゃない フッフッ と言うのです フッ

私は フッフッフッフッフッ

しょうへきを受けまして、詳しく聞いてみると

事件の起こったシチュエーションは、私の記憶と全く一緒でしたが

被害者と加害者が正反対で

紙のお蕎麦を盗られたことに逆上した私が、隣の子の指を切ってしまい

自分の親と一緒に病院まで謝りに行き

そこでレントゲンの写真を見せられて、説明を受けた

というのが、事の真相のようですと

うーん フッフッフッフッフッフッフッ

すごいね

だから、その 記憶を...盗んじゃうっていう

だから、信用できないんだよね

見たんだから、とか

思う

俺も思うし、それを信じるしかないじゃん

それを疑いだすと、もう どうしようもないんだけど

いろいろ こう 人と話を合してみると

客観的に、理論的に考えてみると、う n

これは、どうやら、俺の思い込んでる方が真実じゃない

っていう瞬間は、何度かあるもんね!

だけど、もう それを言いだしちゃうと もう アレがああな ハッ っちゃうじゃん

フッ で、結局、あんな感じ

日々、あんな感じにな

ただでさえ、その 僕は その ひととの 水掛け論の時に、押しがあまいですから

そうなっちゃいますからね

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ Ranking!

タグ:空脳アワー
この記事へのコメント
   
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。