最近の話

「マリオカートに、あのモード来たらすげぇな」の話(1)

2014年07月14日 TBSラジオ「JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力」



まあ ん 今週もマリオカートはまってんですけど

あの マリオカートやっててね

まあ マリオカートは、ま ん その コースにもよるんですけど、n

大体1周1分ぐらいのコースを3周 するんです

で、3周して、その3周でのタイムを

僕は その タイムアタックで新記録を出していく、みたいな

で、元々、いー感じの、ニンテンドー公式の記録 の、まあ ゴーストっていうか

えー 記録のデータが入ってて

スー そいつを こう まあ 抜くのが、結構、テクニックがいって

で、まあ 第一関門としては、そいつを抜くと

ほえで、その 世界の記録も見ることができるから

世界の記録を 見て、今度、その世界記録のやつの、データをダウンロードして

で、そいつ

そいつの幻を抜く、とか

あと、もしくは、昨日の自分を抜く、みたいな戦いになってくのね

で、まあ その ん n 絶妙な 難易度調節ができてるから

なんつったらいいのかな...

えっと ぅ ぅ s ぅ

すごい こう n ギリギリのインコースを通っても距離を削っていくっていう

もう だいじょぶかぐらいの

もう ん え n グラフィック的には ハッ 崖に

普通はさ、4本のタイヤの内、ま n まあ ハッフッフッフッ フッフッ

2本は乗ってないと フッフッフッ フッフッフッフッ

左の2本だけは乗ってないと、なかなか こう g カーブってできないと思うんですね

まあ インサイドの、2つは崖に落ちちゃってても、外側の2本は残ってないと

まあ 実際はそれでも落ちますけど

ん もうね

今回、なんか、ちょっと、反重力コースみたいのもできてきたから

4本中3本が崖下に落っこってても!ギリ、イン削れるんだけど

もう これは、ほんの微妙な アナログスティックの手触りで、当然、崖下に落ち

ていくわけですよ

で、ちょっと縁石に乗り上げても 減速するとか

あと、芝生をちょっとかんだだけでも減速するから

で、よくできてんなと思うのは、なんか

その カーブをしつつ、芝生に向かって突っ込んでくんだけど

芝生に突っ こ むか、突っ込まないかの時に、車体をバウンドさせて

着地する寸前

芝生に着地しちゃうと減速しちゃうから

着地する 寸前に ターボをかける、みたいな

その 3周で3回しか使えないターボキノコを使う と

その 減速しないまま、s s その ショートカットができんだけど

それが まあ 絶妙に計算されてるから、その フッフッ

アスファルトから芝生に入るところを、その

ワンバウンドじゃなくて入っちゃうと

ギリでターボが切れちゃって、最後の芝生に引っかかって減速、みたいな

それが、結局、0.0 1秒減速しちゃう、みたいことんなるわけですね

だから、それが、そんなシビアなタイミングを

例えば、チャレンジにチャレンジを重ねて、2周連続でうまくいったと

それで、昨日の自分をちょっと今抜いてるっていう状況んなった時に

3週目どうする、っていうのをすげぇ迷うわけ

3週目、それ、どうする、つって

で、もう その ぅ s こう 迷ってる間にも、それ、どんどん近づいてくるから

その い やんなきゃなんないショートカットゾーンは近づいてくるから

で、最後、まあ ままよ、と思ってやってみて、失敗するとか

成功するとか、まあ まあ なるわけなんだけど

これで、すごいおもし 思い出したんだけど

これが、今言ったように、長くても1分のコースを3周だから

1ゲーム、そのヒリヒリとした思いを味わうのは、全部で まあ 3分

2分30秒とか、そんなもんす

昔ね、ファミコンで

多分、スーファミでも出たけど

ファミコンで、80年代の終わりぐらいだと思うんだよね

自分が想像するファミコンのこんとろあー

ローラーを握ってる自分の姿と、周りの部屋の感じとか見ると

ああ、あそこの壁に穴があいてるっていうのを、思い浮かべる

ってことは何年だな、っていう

フッ ね ヘッエヘッ えぇえぇえぇえぇ

でいて、あの やれてる

その ゲームに 使えてる時間みたいなものを、こうやってかんが

あー 何年だ、っていうんだと、88年ぐらいっす

おそらく、にじゅう 1、2ぐらいの時に、すげぇやってたファミコンのゲームで

ファミリーサーキットっていう、ゲームがあって



ま 今みたいに、こう 操縦席からの視点のゲームじゃないんすよ

上空からの、要するに、レースゲームなんす

で、n 斬新だったのは、F1ブーム が来る、みたいな

そろそろ来るかな、ぐらいの 頃だと思うんすけど

僕はF1詳しくないから、ちょっと正確な 年代は申し訳ないっすが

上から見下ろした視点のゲームなのね

で、他の人の その レーサーも、いっぱいこのレースには参加してんだけど

当たり判定がそこにはないの

だから、その 他のレーサーとは関係ない

もう 自分のハンドリング

と、自分のドライビングテクニックの問題なの

もう ずっと

ん でいて、えっと

結構こってたのは、確か、タイヤの材質とか

あと、なんかね、ターボの

エンジン特性みたいの決められて

ターボはかかりやすくすると、逆に、温度が上がってオーバーヒートしやすいとか

で、っ z ぅ ガソリンの量とかも決まってたような気がすんだけど

なんか、ガソリンの 量

ほんとのF1でもそうなのかもしんないけど

ガソリンいっぱい積んでると、車体が重くなるから遅くなるけど

何度も給油しなくていいとか

で、タイヤも、減りやすいタイヤとか、減りにくいタイヤ、多分、選べんだと思う

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ Ranking!

この記事へのコメント
   
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。