最近の話

「本棚の隙間にピッタリはまった」の巻

2014年03月03日 TBSラジオ「JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力」



ペンネーム 脂身

Q.おじさんの仕事は何?



図書館にある、古い本や資料がボロボロになってしまったのを業者に出して

表紙やカバーを付け直したり、製本し直してもらうお仕事だよ

それが業者から戻ってきたのを、番号順に本棚に戻すのも、おじさん達の仕事だ




あ しょし

急に硬いよね。急に硬い

ね ヘッフッフッフッ

急に硬い

べつに、べじ

ビジネスホテルのフロントマンも硬いけどね

デ ヘッ リヘル関係の話してるから、急にやわらかくなっただけで



Q.うれしいことは何?



製本し直された本が、毎日どんどん戻ってくるんだ

だから、この先、戻ってくる本の分を想定して、隙間を空けながら、書棚に戻す

ここには今、業者に出している、5巻から12巻の7冊が戻ってくるはずだから

厚さ×7で、これぐらい空けておかないと、とかね

これが、全部の本を戻し終わって、ちょうどピッタリ収まった時は、達成感があるね




Q.つらいことは何?



逆に、ほんの少しの読み違いで、1冊分ずれてしまって

次の隙間まで何千冊も移動

なんてことになると、地獄だよ

なんだか分かんないけど

全5巻の第4巻だけ、倍ぐらいある厚さのやつが返ってくると、もう呆然だよ!




ありそうだね



あと、図書館の地下にある、普段皆が入れない書庫は

スペースを有効活用するために

おーきな、大きな本棚が、電動でスライドするようになってるんだ




あっ これ あの ラジオ・テレビ局の、レコード室とか資料室もそうで

結局、本棚が10個あって、均等に間、通路を空けちゃうと、その分入らないから

寄るようんなってんだよね。えぇ



数千冊の本が入ったまま動かせる

すごいパワーだから、人が挟まれないように、安全装置

センサーが付いてるんだけど

端っこの10センチぐらいはセンサーが効かないらしいんだ

1度、そこに踏み台を置いたまま柵を動かしてしまったんだけど

踏み台がぺしゃんこの1枚の板になったのを見た時には、ぞっとしたね




おじさん、ありがとうございました ハッ...フッフッ

俺、おぼえてん

あっ あの ニッポン放送でやってた頃は

ニッポン放送の旧社屋のレコード室っていうのは

なんか その

レコードがいっぱい入ってる棚が、やっぱ何個もあって、スライドすんだけど

スライドが その 電動じゃなくて

なんか、おっきなう

ハンドルみたいのをぐるぐる回す やつなんだよね

で、急いで探したりとかするからさ

でいて

で、俺 n の b

その 自分で探し す そういう もう s 下っ端だったし、その

ADさんも手が離せなかったりするからさ

自分で探すぃに行ってさ、し 行って、焦って

ここにあったはずだって、ぐるぐるって回してると

む、むぅー!って声が聞こえたりとかしてた フッ

誰か挟んじゃって ヘッ フッフッ

レコード室の野田さんっていう厳しいおやじがいるんだけどさ

このおじさんをよく挟んじゃって

このおじさんが、むぅー!つ クックッフッ

そんなんよくあったなぁ

ぞっとするね。挟まれて

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ Ranking!

この記事へのコメント
   
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390597022
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。