最近の話

「バッセン巡り〜王子編〜」の話

2013年05月06日 TBSラジオ「JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力」



ほえで ヘッ 次、今度、王子

王子

えー 王子駅っていうところの

俺が昔、割と、ガキの頃、めちゃめちゃ行ってた

スー さんす サンスクエアっていう

まあ 駅ビルじゃねぇな

まあ ビルがあるんだけど

で、昔はね、その上んところに、アイススケートリンクがあって

そのアイススケートリンクに、むちゃくちゃ俺は行ってて

バッティングセンターは、なかったと思うんだけど

電話帳によると、あるの

あるっつって、行ってみたら

サン スクエア スタジアムっていう


大きな地図で見る

こえ、大塚から3キロ

のところに、屋内の

ほんとに、ゲームセンターの半分を大胆に

もう 全部、バッティングセンターにしました

みたいなところなんだけど

ここが、いい味出してるな、と思ったのが

こえ、野球通の方にしか、ちょっと分かんないと思うんですけど

最新鋭に見えるんです

その ましてや、大塚のバッティングセンターが

あまりに、ふるい

イイ感じの

機械油とほこりがいっぱいついてるピッチング

アーム式のピッチングマシーンが、その

なんつうの

ガチャコーン!っていいながら

えー つるっつるんなってるボールが飛んでくる感じの とこだから

で、しかも、無理やり えー ビル内に作ってる ところだから

最新鋭なのよ

えっとー 割と こぉー ん ん ん

ピッチャーが投げる

プロのピッチャーが投げる、あのビデオが

ちゃんとビデオ画面があって

そのタイミングに合わせてボールが出てくんだけど

そのピッチャーが、ソフトバンクの新垣と

ジャイアンツの越智っていう

んー 2年前

2年前か、3年前ぐらいだと

んーな感じってゆーやつ なんだけど

ただね、そこで、ちょっと悲喜こもごもだったのは

屋内のバッティングセンターの暗さみたいなものに

俺、年取ってて、目があんまついていかないのと

さらには、その

薄暗いバッティングセンターなの

屋内なのにもかかわらず

より その 選手の映像を浮かび上がら せようとして、そのぉ

画面の ブライトネスが 明るくなってるから

ジャイアンツの白いユニフォームと

ソフトバンクのホームの白いユニフォームと

ボールが重なって、あんま見えないんだよね

こ れ が、また、変幻自在の投球を

新垣、その球、マスターしろっていう感じの

そしたら、もっかい10勝するぞ、あんたっていう感じの

おん なじタイミングで投げてくるんだけど

一瞬、ユニフォームの白とボールの白が重なって見づらい

みたいな ところで

早くも、ここで全く打てなくなって、弱音吐きそうなんだけど

隣でさ、おおっ

おっさんが一人で打っててさ

まあ 最初見た時は、おっさんう

よく打つおっさんだなって

で、これも、屋内の

元々、バッティングセンターを作るとこじゃない

ゲームセンターだ

か、もしくは

昔、あそこ、ボーリング場だったとこなのかな

今もボーリング場あんのかな

みたいなとこだから

要するに、バッティングセンターをやるほど、屋上が高くないの

だから、まあ 悪く言えば、爽快感がないの

あの 要するに

ホームランの打球なんか

ホームランだと思い込めるような高さの打球は飛んでかなくて

そのおじさんは、ほんとにピッチャーの頭の上を

ライナーで、バーン!バーン!って行く打球を打ってて

多分、そこに相当通ってるおっさんなんだろうなっていう

で、ただ

おっさん、いくつぐらいかな、とも

バッティングだけ見てると

俺なんかより、全然若々しいバッティングしてんだけど

1個、野球あるあるでいうところの

打席に入る前に、バットを2本持って

振って、カツーン!って言わせるって

いうのが、俺らの年代ぐらいまでの 野球あるあるなの

で、その後は割と、えー

打席に入る前に、バットを2本持つってことが、あまりなくなってて

その バットの負荷をかける用のリングみたいのが

もう どこにでもあるようんなったから

その ドカベンの連載時には

ドカベンの高校野球編の連載時には

山田太郎とか、ネクストバッターズサークルで、2、3本バット持って

振った時に、バット同士が、カツーン!って良いタイミングで当たる

っていうのが、あったんだけど

最近、ほぼ見ないのよ

その 2本バットを振りながら、音をさせる

で、また、これも

音をさせるのに、結構 こう 慣れがい いるから

それを こう 2本バットを振りながら

投球が始める前に、カツーン!カツーンってやってるのを見て

あれ?これ、俺より結構上だなっていうか

年だな、と思って

ほえで、俺が、もう こんな あの

俺は、もう

変な話、これ ヘッ

知ってますよ

俺も身の程知らずじゃないですから

どれだけプロのピッチャーが、すごいか知ってますけど

その時の俺の河野くんへの言い訳にしてみたら

こん

俺は、ほんもんの新垣のストレートなら打てるけど

この変幻自在の新垣の球は無理だ!ってい 言って

あと、もっと言うと

もう 俺の1番いい 打球の角度のやつなんか

全部天井当たっちゃうんだから、無理だって言いながら

ぶちぶち言い訳してるところに

目の前で、すっげぇ良い当たりを延々としてる

全部図ったようにピッチャーライナー の

頭の上を、スカーン!スカンって越してくおじさんがいて

で、も

出てきて、帽子取ったら、完全白髪(はくはつ)なの

聞いたら、70なんだって

70で ヘッ

70で、北区のシニヤじゃない

普通の草野球リーグ に出てる

参加してるチームで、キャッチャーやってるっていうのよ

うわっ おっさん、ありえねぇわ!

もう ちょっと、あのぉー...

ほら、俺ってドブで生まれたじゃない?

ね ヘッヘッ ね ヘッフッ

ドブで生まれて、お母さんが、少しでもきれいんなるようにっていうんで

心をドブで洗濯した結果、もう どうしょもなくなっちゃった



むしろ、元々、白くなかったことにようっていう

ことになった俺だけど

やっぱ、ちょっと、70で、このバッティングで

で、もっと言うと

朝っぱらから、バッティングセンター来て

来週から大会だからっつって、打ってる

おやじに、ちょっと心打たれるっていうか

す すげぇな

やっぱ

なんか ぅ

でー 野球、すげぇなって思って

なんとか俺も、新垣に食いついていく、つって

だから、河野。もうちょい甘めで

みたいな ハッフッフッ フッ やつやって

結局、そのあと、また、4ゲームぐらい

合計 8ゲームぐらいやって、なんとか王子を抜けるんですよ

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ Ranking!

この記事へのコメント
   
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。