最近の話

「松谷みよ子」の話

2012年12月17日 TBSラジオ 「月曜JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力」



あと、さらに俺、この話を聞いて思い出したのは

あのぉ 松金よね子さんって言えば、俺がずぅっと!

必ず、その事を思い出そうとすると

松金よね子さんの事を思い出しちゃって、全く

その 元々思い出したかった人名が思い浮かばないっていう人がいて

その人、民俗学の人で

まあ 俺のすごい 若い頃からの

割とすごい好きな本を書いてる人で

えーっと ニッポンの昔話が、その ずーっと

どのへん辺りで強く出来上がって

伝承してく内に、どういうふうに変わっていったかっていう

本を書かれる方なの

で、それが...ん なん

もう かなり その い いろんなものがあって

例えば、この巻は、えー 桃太郎がどうなってったかとか

この

タヌキが人を化かすっていう話は、どういうふうに

なっているのかっていうと

やっぱり、なんかね

鉄道ができた頃には

夜中、歩いてると、おらが村に鉄道が通ってるんだって

で、そうすると、そこにデゴイチ

30連のデゴイチが あの 来る

来て

ほしたら、このしょぼい その

元々の 鉄道の方が 来て

まあ 正面衝突する...!?

って思って、まあ ブレーキを 踏むんだか

また今、あの 安易に例えを鉄道の

あっ 例えを出しちゃったもんだから

構成の渡辺くんが、全く笑わないで食いついてるでしょ

ね フッフッ

で、えー 結局、し ぶつかる寸前に

にやっ ど あのぉ 気を失って

その 運転手が降りてくると、そこにタヌキが3匹死んでいました

みたいな

そこの 時の、旬の文化によって

その 伝承されるタヌキ伝説に、いろんなバリエーションが出ます

みたいな事を書いてらっしゃる人がいて

で、この人の事を久々に思い出したんだけど

うわぁー 松金...よね子さんと似てんだよな、名前が

と思って

で、「松金 昔話」で引いたら

あの 松金よね子さん自体が、今、に

昔話の声始めちゃったもんだから、それがずらっと当たって

うわっ もう 完全埋もれた!?

ってなって

結構、昨日いちんち、すげぇ探して思い出した

その人は、松谷みよ子さんだ

松谷みよ子先生っていう方が書いてる、その えー 民話の話

神隠し伝説みたいのをいろんなとこで拾ってきては

nっと このケースはこうであろうとか

あと、ここに

例えば、あの面子がどんどん変わってくるのと が いいんだよね

あの えーっと さるかに 合戦

さるかに合戦の、面子が結構変わってて

要するに、えー 山間部は、えー

酪農の盛んな地域は、牛のクソが入ってるけれども

漁業が盛んな地域には、コンブが...入ってるとか

そういうやつ を n の こう 話の こう お ねt

僕の中でのネタ元みたいのが、この

マツタニと読むのか、マツガヤと読むのかは知らないですけど

みよ子さん っていう方の 本で

これ、どうする?俺がここの出版社から、すげぇ金もらってたら

巧妙な

実に巧妙な誘導で

なんか、あいつっつって

もらってんな、あいつ

もらってんな、あいつ。みたいな

現代民話考〈1〉河童・天狗・神かくし (ちくま文庫)

web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ Ranking!

タグ:松谷みよ子
この記事へのコメント
   
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/308920215
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。